BLOG

スポンサードリンク

2013.11.24(日)

なんじゃこりゃー塾

なんじゃこりゃー塾というものを作ってみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんじゃこりゃー塾の様子

公開コンサル型

ビジネススクール

若者・学生の起業を支援!

はじめまして、このたび「なんじゃこりゃー塾」というものを作ったショウゴと申します。簡単に紹介するとこの前26歳になったばかりで、現在フリーランスでwebサイトを作ったり調査などをしている一応若者です。

 

さて!そもそも「なんじゃこりゃー塾」とは何なのか!?という話です。

この塾は今年の7月から月1回のペースで開催しており、若者を対象とした「起業家育成」「一流のビジネスマン育成」、更には「若者の人生構築のお手伝い」をする事を目的とした無料の塾です。なので、受講出来るのは基本的に若者だけ!(たまにおじさま達もいますが...)

 

という訳で、これから「なんじゃこりゃー塾」の出来たきっかけなどを順に書いて行きたいと思います!

なんじゃこりゃー塾が出来るまで

↑初代チームなんじゃこりゃー

はじまりは福岡大学

福岡大学の講義に「ベンチャー起業論」という講義があります。200人以上の受講生がいるこの講義では、受講生が10〜20人程度でチームを作り、各チーム1社のインターンシップ先を持ちます。そのインターンシップ先の企業を1年間かけて分析し、改善案や新たなビジネスモデルをコンテストにて発表する、というのがこの講義の内容です。この活動を通して学生達は社会と直に関わり、”机上”でなく”体験”として様々な事を学びます。

 

そのチームの1つに、「チームなんじゃこりゃー」という名前のものがありました。この講義の中では珍しく、インターンシップ先に「経営塾」を持つチームです。そしてビジネスの理論を学びたいという学生達が集まり、中には起業を志す学生もいました。そしてチームのリーダーをしていた学生は、卒業後にその経営塾のチーフコンサルタントのもとに弟子入りの形で入社します。それが僕です。

学生の動きが...

↑アメリカツアー出発前

"1年間"という期限を自らつけて入社した後には、経営を学ぶ傍らで学生と経営塾の橋渡し的な役割もしていました。そしてビジネスの本場を学生達に見せるため、初の学生向けアメリカツアーを企画し、スタッフの僕が1番楽しんでしまうという失態を演じたことも...

 

そうやっていると学生の動きに異変が。アメリカに留学するため1年間バイトをしまくって500万円程稼ぎ自腹で留学する学生や、ツアーとは別で再度アメリカへ視察しに行く学生、または起業に向けての準備をし始めるなど、学生の中での動きが活発化してきました。最近では経営者達の前で、アメリカへ行くための金を出してくれ!と投資を呼びかけた学生も。


繋げること

僕が興味を持って経営塾に行きはじめ、皆も行ける仕組みを作ってもらったり、楽しそうだったからアメリカツアーを企画したりして、そんなこんなで気づいたら約束の1年がきていました。そうして今まで自分が歩いてきた道をふと振り返ると、多くの後輩達もその道を歩いていました。たいした力は持っていないけれど、道を作ったことで「後輩達と誰か」「後輩達と何か」を繋げることができ、それによって誰かの人生に少しでも影響を与えられてるんだなと思うと不思議な感じでした。

 

ちょうどそんな時に、我らが経営塾チーフコンサルタントの井崎貴富先生が「子ども達のためにボランティア活動を開始しようと思う」との言葉。そんな流れから、若者向けの経営塾が出来ないかとお願いすると、無償でメイン講師を引き受けてくださることに。というのが「なんじゃこりゃー塾」設立の経緯です。そして今後は広く外部にも発信していき、「繋げること」の規模を大きくしていくことが目標です。そうやっていくうちに、必要な時がくれば講師も増やし、環境も整えていければなと思います。

 

どんな塾なのか?

なんじゃこりゃー塾で発表する高谷翔太。

若者が困っていること

・起業したいが、何から始めたらいいか分からない。

・ビジネスモデルの組み方が分からない。

・上記を誰に聞けばいいか分からない。又は相談料を支払えない。

・人脈がない。

・何かを始めるときのお金がない。

・ビジネスを学びたいが、そもそも日本の大学では学問しか学べない。

・やりたい事が見つからない。

 

「なんじゃこりゃー塾」では、これら若者が困っている事の解決を目的としています。ただし、起業をする人だけを対象としているのではなく、ビジネスを学び周りと差をつけたい人、とりあえず何か刺激が欲しい人なども対象です。

メイン講師 - 井崎貴富先生

革真塾のチーフコンサルタントであり、なんじゃこりゃー塾のメイン講師でもある井崎貴富先生。

なんじゃこりゃー塾のメイン講師として、井崎貴富先生を迎えています。井崎先生は中小企業向けの経営塾「革真塾」のチーフコンサルタントとして活動しており、原理原則(チェーンストア理論)を教えています。一年のほとんどを、日本中を周りセミナーやコンサルティングをする事に費やしており、その"年収"は3億円に迫る程です。

 

簡単に言うと、若者であれば井崎先生の無料コンサル・講義が受けられるという事です!起業の仕方、ビジネスモデルの作り方、資金の集め方なども0から指導してもらえます。

また、波瀾万丈な人生を送っている事もあり、人生論の方が実は得意だったりします。詳しくは講義中の質問コーナーや、塾後の懇親会の時に聞いてみてください。

参加条件は?

25歳以下

 

上記をクリアしていれば、社会人でも誰でもOKです。国籍も問いません(塾にはフランス人もいます)参加自由です。ただし毎回名簿も作っていますので、受講する方は一度連絡をください。そして26歳以上だけど、どうしても受講したい!という方も連絡をください。

最後に

長くなりましたが、以上が「なんじゃこりゃー塾」についての紹介です。そしてこのwebを立ち上げた理由は、まずは上に挙げたような困り事を持っている若者に知ってもらいたい。そして、そんな若者の事をwebで取り上げることで、その個人を多くの大人達に知ってもらい、支援を受けやすい環境を作りたいという事です。そして次の理由ですが、「何だか面白そうだから」で、実はこれが一番大きかったりします。笑

という訳で、初回なのでマジメ要素を強くして書いてみました。塾名の理由はまたいつか書きたいと思います。ご清覧ありがとうございました^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

他のブログも読む

TOP

●この記事へコメントする。

●Facebook上でブログの更新をお知らせします。

TOP